CLOUD CAMERA BUSINESS

CLOUD CAMERA BUSINESS

What Is CIV Cool Intelligent View(CIV)とは What Is CIV Cool Intelligent View(CIV)とは

Development background CIVの開発・リリース背景

クラウドカメラはそれまで一般的であったレコーダー式カメラでは対応が難しかったことを実現することができます。一方で、クラウドカメラにはいくつかの導入課題がありました。従来、クラウドカメラが抱えていた導入課題を解消するために、開発・リリースされたのがCIV1.0です。このリリースにより当社は後発参入ながら着実にシェアを伸ばしてきました。
その後、新たに顕在化した導入課題解消のため、更に利便性を高めたCIV2.0 を2020年7月にリリースしました。

Development background CIVの開発・リリース背景

従来のクラウドカメラの導入課題

  • 従来のクラウドカメラの導入課題

    • ・ネットワーク整備、セキュリティ対策
    • ・ネットやセンター障害による録画データ消失リスク
    • ・既存のカメラがそのままクラウド接続できない。
    • ・カメラや周辺機器が高くコストパフォーマンスが悪い
    • ・管理コストが割高
  • 新たに顕在化した導入課題

    • ・クラウドカメラは便利だが月額費用が発生するためカメラの台数が増えるとコストパフォーマンスが悪くなる
    • ・お客様がサービス提供中の 既存WEBシステムにカメラサービスを連携させたい
    • ・新規計画の次世代サービスにカメラサービスを密に連携させ付加価値を向上させたい
    • ・クラウドカメラの急速な 需要拡大、SLAニーズに柔軟に対応させる必要がでてきた

CIVの導入メリット

従来のクラウドカメラでは対応が難しかったことが実現可能に。

  • 録画データの長期保存を実現

  • レコーダー型とクラウドのハイブリット

  • 人為的なデータ破損・消失を防止/省スペース化

  • お客様システムとの柔軟な連携

  • 死活監視機能で重要なシーンを確実に録画保存

  • プラットフォーム連携によるサービスメニューの多様化対応

  • 用途拡大新しいサービスを受けるための機能拡張に対応

  • 運用管理・保守性の向上

Strength CIVの特徴と強み

point 01 Edge Computing (エージェントボックス)の活用によるクラウドカメラ導入課題の解決 Edge Computing (エージェントボックス)の活用によるクラウドカメラ導入課題の解決 カメラとクラウド間の中継器としてエージェントボックスを設置することで、クラウドカメラの導入課題を解消することができます。

  • 帯域制御機能搭載

    通信環境に合わせ送信する回線速度をコントロールします。

  • 映像の一括管理

    ライブ映像・録画映像・ダウンロードデータを一括管理

  • 録画データ送信時間指定

    クラウドに録画データを送信するタイミングを自由に設定。

  • 動作状態の可視化

    カメラの保存状況・通信状況・録画欠損、異常検知などを可視化

  • セキュア通信

    録画データ転送時、強度の暗号化を実施します。

  • マルチベンダー対応

    他メーカーのカメラでもクラウド化することが可能です。 ※一部、対応できないカメラもあります。

  • ローカルバックアップ機能

    一次的にエージェントボックスに録画データを保存します。通信が途切れた場合でも映像を残します。 ※長時間遮断されている場合は、録画データが残らない場合もあります。

  • 管理コストの削減

    レコーダー型と異なり、複数場所に設置しているカメラでも、1つの管理画面、視聴画面から、状況の確認が可能です。

  • エージェントボックス

point 02 オリジナルカメラ、アナデジ変換機、IVSカメラとの連携が可能に オリジナルカメラ、アナデジ変換機、IVSカメラとの連携が可能に

  • オリジナルカメラの採用

    自社でクラウドカメラを製造することで、従来よりも低コストでクラウド化を実現

    安価でクラウドとの接続性高いクラウドサーバーに連続録画視聴画面でライブ視聴

    オリジナルカメラの採用
  • アナデジ変換機

    アナログ信号をデジタル信号に変換させることでクラウドに接続

    低コストで既存のアナログカメラをクラウド化変換機1台で4台のカメラ対応

    アナデジ変換機
  • IVSカメラ

    従来よりも低価格化を実現させたIVSカメラで付加価値を提供

    出入り人数カウント滞留人数カウント、エリア侵入

    IVSカメラ

point 03 高品位の国内データセンター 高品位の国内データセンター

国内でも数社のみ総務省から事業認可を受けている放送事業で下りのみを使用していた回線の上りをクラウドカメラ向けに有効活用することで、クラウドデータセンターの低価格化と高品位を実現

  • 最高クラスのセキュリティ方式「AES」を採用 最高クラスのセキュリティ方式「AES」を採用

    クラウド上への保存は、最高クラスのセキュリティ方式「AES」で録画データを暗号化。暗号化されたキーは解読に要する時間が平均300京年かかり、事実上解読は不可能。万が一の録画データ流出でも安心です。

  • 安全かつ安定的な運用を実現するデータセンターを準備 安全かつ安定的な運用を実現するデータセンターを準備

    JDCC(日本データセンター協会)認定の最高レベル「ティア4クラス」のデータセンター「ティア4」:想定するエンドユーザーの稼働信頼性:99.99%以上。

  • 建築
    • ・耐震構造: 震度7(阪神大震災クラス)でも倒壊・崩壊しない
    • ・建築基準法上の耐震規定を満たした構造設計
  • 空調
    • ・空冷式高性能空調設備(MACS空調)を設置
  • 電気設備
    • ・特別高圧3回線スポットネットワーク方式(22kV)
    • ・4,500KVAの自家発電機を設置
    • ・UPS供給、バッテリ保持時間90分
    • ・配電送電ルート共に2重化
    • ・緊急用電源車を配備
  • セキュリティ
    • ・監視カメラ、ICカードによる入退館管理
    • ・24時間365日有人監視
    • ・申請、認証、本人確認による運用

point 04 ハイブリット化したCVRの導入による課題解決 ハイブリット化したCVRの導入による課題解決 CVRのリリースと従量課金制採用でカメラ台数が多い場合でもコストメリットが出やすくなります。 ※CVR=主にクラウドカメラの接続台数が増えた場合に使用することでコストパフォーマンスの低下を防ぐための次世代型Edge Computerです。

  • エージェントボックス利用

    エージェントボックス利用 エージェントボックス利用
    カメラ12台で月額料金が1,350円/台の場合・・・ クラウドの月額費用は
    12台×1,350円=16,200円
  • CVR利用

    CVR利用
    CVR基本料金+従量課金方式のため大幅なコストダウンが可能 CVR月額利用料 5,000円
    +クラウド月額料金(500Gまで)2,600円=7,600円

※上記価格はイメージです。実際の録画保存プランやデータ容量上限により変動いたします。

  • クラウドとシームレスな利便性で
    コストパフォーマンスの低下を改善
  • カメラ最大16台まで接続可能
  • 1年などの長期録画保存に対応
    ※クラウドセンター活用による
  • フルハイビジョンなどの高精細録画対応
    ※CVR活用による
  • NVR機能が包含されているので
    NVRの代替利用可能
  • HDMIによる外部出力対応

point 05-1 他社とのシステム相互連携が可能に 他社とのシステム相互連携が可能に

お客様の既存Webシステム等との相互連携が容易となり、より柔軟なサービス対応が可能に。オリジナルカメラにIVSやAIなどの機能追加により更なる付加価値提供を行っていきます。

  • お客様が運営するマーケティングサービスとの連携 お客様が運営するマーケティングサービスとの連携

    お客様が運営するマーケティングサービスとの連携
  • お客様が運営するAI分析サービスとのカメラ連携 お客様が運営するAI分析サービスとのカメラ連携

    お客様が運営するAI分析サービスとのカメラ連携
  • カメラ映像と操作周りをお客様ホームページ内で埋め込み連携 カメラ映像と操作周りをお客様ホームページ内で埋め込み連携

  • お客様独自のカスタムUI連携

※上記に記載の内容は構想やイメージであり、機能実現をお約束するものではありません。
また、詳細内容については現時点ではお答えできかねる場合がございます。予めご了承ください。

point 05-2 柔軟なプラットフォーム連携による サービスメニューの多様化対応 柔軟なプラットフォーム連携による サービスメニューの多様化対応

高度なデータ連携やクラウド機能の埋め込みを可能にする標準APIを提供 高度なデータ連携やクラウド機能の埋め込みを可能にする標準APIを提供

APIの提供につきましては、事前に秘密保持契約(NDA)の締結が必要となります

APIの提供につきましては、事前に秘密保持契約(NDA)の締結が必要となります

  • 既存のシステム上で、取得したデータを使ってグラフ表示したり、埋め込みプレイヤーでライブ映像を再生するなど、高度な連携が可能に
  • 高度にカスタマイズした視聴画面を作成し、エンドユーザ様に利用いただくことも可能に※

※埋め込みプレイヤーを使用しない場合は映像再生に関するWebプログラミング知識が必要

開発者のためのAPIドキュメントも充実

開発者のためのAPIドキュメントも充実

point 06 サービスメニューの多様化 サービスメニューの多様化

CIVのプラットフォームを活かして、カメラ以外のIOTサービスをはじめとする、世の中のニーズに順応したサービス連携を具体化予定です。
⇒IIJの次世代IOTサービスメニューを順次提供予定です。

merit CIV2.0 機能特徴

ユーザーとベンダーの運用管理の向上が見込めます! ※主なものを抜粋

  • 1LIVE視聴と録画視聴のシームレスな切替
  • 2最大16分割まで自由設定可分割時30fps

    ※1 ご利用のPCの性能、
    使用環境・状況に影響いたします。

  • 3録画映像の検索方法の利便性UP
  • 4視聴画面に動体検知表示※対象カメラのみ
  • 5MAP管理でカメラの場所や状態を可視化
  • 6ログイン時2段階認証の設定が可能
  • 7しおり(ブックマーク)機能
  • 8API切り出しと高度なプラットフォーム間連携
  • 1.LIVE視聴と録画視聴のシームレスな切替
  • 2.最大16分割まで自由に設定可能
  • 3.録画映像の検索方法の利便性UP
  • 4.動体検知機能
  • 5.MAP上に設置したカメラの位置を表示
  • 6.ログイン時の二段階認証の設定が可能
  • 7.しおり(ブックマーク)機能
  • 8API切り出しと高度なプラットフォーム間連携

Notes 留意事項

  • □ CIVの機能すべてを網羅しているわけではございません。ご了承ください。
  • □ アイコンやUIデザインなどリリースにおいて一部実際の内容と異なる場合がございます。ご了承ください。
  • □ システムの機能や仕様デザインについて、予告なく変更になる場合がございます。ご了承ください。
back top