CLOUD CAMERA BUSINESS

CLOUD CAMERA BUSINESS

What Is CVR Cloud Video Recorder(CVR)とはクラウドカメラを管理するための次世代型Edge Computerです。 What Is CVR Cloud Video Recorder(CVR)とはクラウドカメラを管理するための次世代型Edge Computerです。

クラウドカメラの録画データや視聴を一括管理することで、カメラメーカーごとのUIなどを意識せずシームレスに視聴できることや、期間を指定して録画データを部分的にクラウドサーバーへ転送できるなどの特長を有しています。

Development background CIVの開発・リリース背景

  • ユーザー課題

    • ・メンテナンスの負荷を下げたい
    • ・遠隔の一元管理が出来ない
    • ・データの保管性を高めたい
    • ・通信インフラの負荷を下げたい
    • ・クラウド月額料金の負担を減らしたい
    • ・既存インフラを活用しつつコストを下げたい

などの課題を解決することを目的にCVRの開発、リリースに至りました。 などの課題を解決することを目的にCVRの開発、リリースに至りました。

merit NVRからCVRへ切り替えるメリット merit NVRからCVRへ切り替えるメリット

現在使用しているオンプレミス型(NVR・DVR)のレコーダーが故障したり、リース更新を迎えたら、CVRに切り替えるチャンスです!

初期費用が断然お得!

初期費用が断然お得!

数々のCVR導入メリット!

CVRは別途月額利用料が発生(およそ¥5,000円/月)します。 ※当社データストレージ利用料を含む
NVRの寿命とされる3年利用した場合、およそ¥180,000円の外出し費用となりますがCVRは以下のように数々の導入メリットがあるため、トータルで切替えメリットは大きいです。

  • ハイコストパフォーマンス

  • 従量課金制の導入

  • 利便性UP

  • アナログもデジタルも視聴可能

  • 長期録画保存対応

  • 高精細録画対応

  • クラウド録画保存対応

  • シームレス視聴

Strength CVRの基本機能と主な特長

クラウドとオンプレミスのハイブリットであるCVRは次世代型Edge Computerとして他のクラウドサービスにはない強みがあります!

  • イニシャルコストが抑えられカメラ台数が多いほどハイコストパフォーマンスを実現
  • 長期録画保存にも対応
  • 従来のクラウドにはなかった従量課金という新概念
  • フルハイビジョンなどの高精細録画対応
  • 将来的にAIライセンスを組み込んだCVR-Plusによる更なる利便性向上の実現へ ※今後リリース見込み
  • ローカル接続カメラもクラウドにアップ可能
  • NVR(ネットワークビデオレコーダー)の機能を内包
  • クラウド視聴画面上でシームレスに視聴可能
point 01 従来のクラウドにはなかった従量課金方式の採用によりカメラ台数が多い場合のコストパフォーマンスの低下を防止 従来のクラウドにはなかった従量課金方式の採用によりカメラ台数が多い場合のコストパフォーマンスの低下を防止
従来のクラウドの課題①
カメラ台数分の月額利用料金が発生するため台数が多くなるとコスト負担増になる
  • エージェントボックス利用・一般的なクラウド接続
    カメラ12台で月額料金が2,500円/台の場合・・・ クラウド月額利用費は
    12台×2,500円=30,000円
  • CVR利用
    CVR基本料金+従量課金方式のため大幅なコストダウンが可能 CVR月額利用料 6,000円+クラウド
    月額利用費(500Gまで) 2,600円=8,600円
  • 同じ設置カメラ台数の場合
    エージェントボックス利用時と比較し
    年間で約10万円程度の
    ランニングコスト削減に!

上記のクラウド月額利用料・CVR月額料金はあくまでもイメージとなります。
録画保存日数や契約容量などにより料金は変動いたします。
実際の費用については、導入時に販売店担当者へお問い合わせください。

point 02 カメラの利用通信量をスケジューリングすることで通信回線負荷軽減 カメラの利用通信量をスケジューリングすることで通信回線負荷軽減
従来のクラウドの課題②
カメラの通信容量が多く通信回線費用が高くついてしまう
  • CVRなし

    通常業務で
    利用する帯域
    カメラの利用帯域

    カメラ専用の通信回線が必要になることが多い

  • CVRあり

    通常業務で
    利用する帯域
    カメラの利用帯域

    1本の回線を効率的に利用可能

  • クラウドサーバーへの
    物理的負荷を下げることで
    通信量抑制、コストダウンに!

大容量ストレージを持つのでクラウドにデータをあげなくても、カメラ⇔CVR間での録画保存が可能です。
また、必要に応じて録画データをクラウドに上げることもでき、映像を見ている時だけ「利用する」という設定が選べます。

point 03 CVR1台に対し最大16台までのカメラ接続が可能イニシャルコストを抑えてクラウド化が可能 CVR1台に対し最大16台までのカメラ接続が可能イニシャルコストを抑えてクラウド化が可能

↓ 同一設場に16台のカメラを設置し、クラウド接続する場合の構成イメージ

  • エージェントボックス必要台数 6台
    エージェントボックス必要台数 6台
  • CVR必要台数 1台
    CVR必要台数 1台
  • CVR1台につき最大で16台 
    (エージェントボックスは3台)のため、機器購入のイニシャルコストも
    削減可能です。

    ビットレートは最大1Mbpsまで。
    Audioが16台ともAAC-LCであること。
    G.711の場合は台数制限あり。
    Full HDを使う場合台数制限あり

point 04 ローカル接続カメラもクラウドにアップ可能 ローカル接続カメラもクラウドにアップ可能

クラウドへの録画機能をCVRに移管することで、月額費用の圧縮
クラウドの強みである一括管理や死活監視等の機能を低コストで利用可能に

CVRは、クラウドに登録・管理しローカルカメラを割り当て設定します。これにより、ローカルカメラのデータをクラウドにアップさせることが可能になりました。
ローカルカメラはクラウド側にアップすることが可能ですが、クラウド側の設定により、毎指定時間帯、毎指定曜日時間帯、毎月指定日時間帯のいずれかの設定をするができ、その間においてのみクラウド側にアップロードするという指定も可能となります。

ローカル接続カメラもクラウドにアップ可能
point 05 NVR(ネットワークビデオレコーダー)の機能を内包従来オンプレミス型特有であったMAP機能もシームレスに利用 NVR(ネットワークビデオレコーダー)の機能を内包従来オンプレミス型特有であったMAP機能もシームレスに利用
  • NVR
    複数のカメラ設置場拠点の管理においてNVRでは、
    複数のレコーダーにログインしなければならず
    管理負荷が高かった
  • CVR
    複数拠点に設置したカメラを
    1つのUIでライブ視聴/録画視聴/ダウンロードが可能、
    CVRに直接録画データを保存することも可能
  • NVRと同じような使い方で、複数拠点のカメラ管理が容易に。重要なデータだけをクラウド上にアップロードすることで回線負荷を低くすることが可能。

CVR基本料金・センター月額料は料金イメージとなります。
実際の費用については、販売店担当者へお問い合わせください。

point 06 クラウド管理下のカメラの分割ライブ視聴が可能 クラウド管理下のカメラの分割ライブ視聴が可能

CVR自体に直接Webブラウザで接続することにより、ローカル管理カメラの視聴ができることはもちろん、視聴画面にログインすることで、クラウド上で管理しているカメラを同じ画面上でシームレスに視聴することが可能となります。

視聴画面は単一、4分割(2×2)、6分割(1+5)、9分割(3×3)16分割(4×4)でモニタ表示させることができます

画像はハメコミ合成です。実際の映像とは異なる場合がございます。※対応ブラウザはIE11となります。

クラウド管理下のカメラの分割ライブ視聴が可能
point 07 1年などの長期録画保存に対応※センター活用による大容量セキュア外部ストレージにより長期間の保存が可能 1年などの長期録画保存に対応※センター活用による大容量セキュア外部ストレージにより長期間の保存が可能

2TBの外部HDDにより、長期間の保存が可能です。
またストレージはメーカー独自のフォーマットで保存されているため、HDDを抜き取られてもパソコン等での再生は不可能となっています。

point 08 フルハイビジョンなどの高精細録画対応※CVR活用によるFullHD画質に対応しています。 フルハイビジョンなどの高精細録画対応※CVR活用によるFullHD画質に対応しています。

CVRのHDD内蔵録画の場合FullHDの画質に対応できるようにしています。(視聴についても同様)
分割画面についても、カメラの台数に制約があるものの対応可能となっています。

注:クラウドセンター側はFull HD画質には対応しておらず、CVRのHDD内蔵録画の場合のみの対応となります。
16台などカメラの数が多い場合は使用帯域等の問題で、対応できない場合があります。

上記画像は、画質イメージであり、クラウドカメラの映像画像ではございません。予めご了承ください。

上記画像は、画質イメージであり、クラウドカメラの映像画像ではございません。 予めご了承ください。

CVRの課題となる部分の対策について
  • ①ネットワーク接続対策とセキュリティ対策
    通信障害が発生する前提での運用を想定
    CVRをクラウドとの間に挟むことでネット障害や断線時でも録画データの保存が可能 CVRをクラウドとの間に挟むことでネット障害や断線時でも録画データの保存が可能
    2TB(4TB版も用意)の外部HDDにより、長期間の保存が可能
    ストレージはメーカー独自のフォーマットで保存されているため、
    HDDを抜き取られてもパソコン等での再生は不可能となっています。
  • ②ハードディスク交換対策
    ハードディスクは寿命がありますが、現地で交換が可能です。
  • ③管理対策(知らぬ間に壊れていることの回避策)
    カメラの録画状態が分からず、
    気づかぬうちにカメラが止まっている
    死活監視機能で常に状態を把握 死活監視機能で常に状態を把握
    自発的に動作状態を確認・識別 受動的にアラーム受取可能
留意事項

CIVの機能すべてを網羅しているわけではございません。ご了承ください。

アイコンやUIデザインなどリリースにおいて一部実際の内容と異なる場合がございます。ご了承ください。

システムの機能や仕様デザインについて、予告なく変更になる場合がございます。ご了承ください。

back top